プラセンタ点滴

効果が出るまでの期間

プランセンタ点滴は、プラセンタの成分を点滴液として体内に注入する方法で、血管に直接注射液を注入します。

これは、内科や婦人科で受けることができます。
プラセンタエキスを体内に直接取り入れることができ、サプリメントと比較をした場合には
即効性を感じられる場合が多くあるのが特徴です。

効果がすぐにあらわれる反面、持続期間が限られています。
通常1アンプルで2日程度です。そのため、常にプラセンタ成分が体内に存在している状態を
持続させたいという場合には、週に1度か2度は病院に行き、一回あたり2アンプルから3アンプル受けることが理想的です。

はじめの1ヶ月程は特に頻繁に病院に通い、集中的に打つことが推奨されています。
効果があらわれるまでの期間は最短で打った直後、遅くても全体的には打ってから
3回目から5回目ほどで効果を実感できるのが一般的です。

時には

プランセンタ点滴をやめてしまった場合、以前より悪い状態になったり、危険が伴うようなことはありません。
今までの効能が急速に失われるわけではないですが、プラセンタを取り入れる
前の状態に時間をかけて戻っていきます。

可愛さ

美しい状態や健康維持を目指す場合には、完全にやめることはせず、アンプル数を減らしたり
回数を少し減らすなど、自分の身体と相談しながら続けていくことをおすすめします。

プランセンタ点滴を一度受けた場合は、献血が行えなくなりますので、事前に知ってから行いましょう。

プランセンタ点滴は一般的に1回あたり30分から1時間程度の時間をかけて行います。
時間をかけて行うことで身体への負担を軽減させることができます。

Copyright (C) placenta2016

V>