事故車の売却を考えてます。溶接をして販売できる事故車には価値があります

事故車として買取処分される車は、通常はナンバープレートの登録が抹消されて廃車という取り扱いになりますが、その際に問題となるのがエアバッグのゆくえです。

エアバッグは車の搭乗者の身体の安全を守るため、事故による衝撃があった際に、時速100キロから300キロものスピードで膨張して展開するものです。
事故車であればすでに展開している可能性もありますが、通常の解体では暴発の危険などもあるため、きわめて取り扱いが難しいものとされています。

自動車を支える部品としては、ほかにも冷媒としてフロンガスを含むエアコンのように、
地球温暖化の観点から大気中にガスを漏らさないよう買取処分する必要があるものもみられます。

事故車買取についても自動車リサイクル法の規定によってリサイクル券があらかじめ交付されているのが通常ですので、
こ うした取り扱いの難しい部品については、専門の許可を受けた解体業者や自動車メーカーに引き取られて、リサイクル券で預託された費用により、適正に買取処分されることになります。たとえば、事故車を買取りするお店とトラブルなど

Copyright (C) jiko

A href="naku.html">賃貸
  • サイトマップ